足の甲の腫れ: 風の緑 心と身体を整える整体 

2020年02月10日

足の甲の腫れ

 父の膝の状態が悪く水が溜まったとき足の甲が腫れました。


それは、腓骨の位置が影響しています。


IMG00068.jpg


腓骨が前方下方変位していると前距腓靭帯がダルダルなり距骨が収まらず腫れてきます。

asi.jpg



腓骨が後方上方に誘導すると距骨が正常な位置に収まります。


ただし、腓骨は前方下方変位と後方下方変位があるので見極める必要があります。

asi2.jpg


この腓骨の変位を見分けられる医師、柔整師、鍼灸師、理学療法士、セラピストが身近にいてくれればいいのですが・・・




posted by masa at 22:09| 山形 ☁| Comment(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: