医師の診断は絶対ではない。: 風の緑 心と身体を整える整体 

2013年01月22日

医師の診断は絶対ではない。

 私自身病気になる前は西洋医学しか、信じていませんでした。

内科、皮膚科、耳鼻科、歯科、整形外科、医療機関ばかりに通い、医師の診断は絶対で薬ばかりを飲んでいました。

20代、病気になり、手術を経験し、西洋医学では解決できない症状に悩まされたことをきっかけに、さまさまな治療を受け続けました。

そして、小さな気づきがありました。


それは、医師の診断は絶対ではないということ。

もし、医師に手術しか、治らないと診断されても、実はしなくても改善できる場合が多くあります。

東洋医学、整体、カイロ、鍼灸、あん摩、マッサージ、アロマ、気功、漢方、霊能者、ヒーラー、占い、風水などなんでも試してみるとそれぞれすぐれている面があり、西洋医学では改善できないものが、改善できたり、症状が緩和したりするということ。


私は今でも医者に掛かります、手術も受けたりします。

インフルエンザになったらすぐに医者に行きます。

でも、腰痛、ひざ痛、首痛、肩こりは医者には行きません。

自分で治すか、友人の整体の先生に行きます。


なんでもすぐに否定せず、一度試してみることをオススメします。
posted by masa at 11:48| 山形 | Comment(0) | 病の予防のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: